facebook twitter linkdin mail language

COVID-19復興対策と持続可能な社会への移行: レジリエントで持続可能な社会へのリデザイン

新型コロナウイルス(COVID-19)は世界経済に大きな脅威を与えるとともに、私たちの生活や社会のあり方に大きな影響を与えています。現在、各国は感染爆発を防ぎながら経済復興を図るために様々な対策を打ち出していますが、大規模な財政支出を伴うCOVID-19への対策および経済復興策を適切に活用することで、持続可能な社会への移行を促進することも可能です。COVID-19への対策を持続可能な社会への移行につなげようという動きが活発化する中で、IGESは国際持続可能な開発研究所(IISD)が主導し、多くの研究機関が協力するグリーン復興トラッカーにコアメンバーとして参加しています。グリーン復興トラッカーでは、エネルギー政策を中心に、持続可能な社会の構築に影響を与える可能性のある、各国の復興策に関する情報を収集しています。また、IGESは日本国環境省が国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局の支援のもとで立ち上げた、各国の持続可能な社会を目指したCOVID-19への対策を紹介するオンラインプラットフォーム“Platform for Redesign 2020”にも協力しています。本セッションではこれらの活動から得られる知見を紹介するとともに、各国の復興策をより一層持続可能な社会への移行につなげるために何が必要かについて議論を深めます。

Target audience

Policymakers in energy and environment sectors / General audience

スピーカー

IGES 戦略マネージメントオフィス
シニアフェロー

松下 和夫

松下 和夫

IGES 戦略マネージメントオフィス シニアフェロー

京都大学名誉教授、地球環境戦略研究機関シニアフェロー、「T20気候変動・環境タスクフォース」共同議長、国際アジア共同体学会理事長、日本GNH学会会長、国際協力機構(JICA)環境ガイドライン異議申立審査役。環境省、OECD環境局、国連地球サミット(UNCED)事務局、京都大学大学院地球環境学堂教授(地球環境政策論)など歴任。専門は、持続可能な発展論、環境ガバナンス論、気候変動政策、地域環境政策など。主要著書に、「地球環境学への旅」、「環境政策学のすすめ」、「環境ガバナンス」など。

IGES 持続可能性ガバナンスセンター リサーチマネージャー

イ・ソヨン(李 昭姈)

イ・ソヨン(李 昭姈)

IGES 持続可能性ガバナンスセンター リサーチマネージャー

イ・ソヨン(李昭姈)博士は、IGESの主任研究員であり持続可能性ガバナンスと疎外階層のための気候コベネフィットに関する研究を担当している。環境社会学を専攻し、高麗大学(韓国)、北京師範大学(中国)、早稲田大学(日本)にて講義を務めた。また、Climate Change Governance in Asia (2020 Routledge)、Global Environment Outlook 6 for Industry in Asia-Pacific (2019 UNEP)、Inclusive Green Finance (2019 AFI)、Routledge Handbook of Climate Justice (2019 Routledge)、Air Pollution in Asia and the Pacific (2018 UNEP)など様々な出版物の著者および共同著者であり、ビデオシリーズ:Empowering Women to Mitigate Climate Change: Gender-responsive Approaches (2017 ADB)も発表。社会学においてLSEでディプロマを、エセックス大学で博士号を取得している。

国際持続可能開発研究所(IISD) 持続可能なエネルギー供給部門リーダー

イヴェッタ・ゲラスィムチョク

イヴェッタ・ゲラスィムチョク

国際持続可能開発研究所(IISD) 持続可能なエネルギー供給部門リーダー

IISDのエネルギープログラムにおける持続可能なエネルギー供給に関する活動とグローバル補助金イニシアチブを主導。専門はエネルギー課税と価格改革、気候変動の緩和と適応、ならびに持続可能な国際投資フローに関する国際経済と政治戦略。G20やAPECなどを通じた国際的なエネルギーガバナンスにも取り組んでいる。2020年には、G20を中心とした各国 政府が新型コロナ危機に対応して打ち出した化石燃料とクリーンエネルギーに関する支援策を報告するエネルギー政策トラッカーを、20を超える研究機関と協働で設立する上で中心的役割を果たしている。モスクワ国際関係大学にて経済学の学士号、修士号、博士号を取得。

IGES 戦略マネージメントオフィス
プリンシパルコーディネーター

小嶋 公史

小嶋 公史

IGES 戦略マネージメントオフィス プリンシパルコーディネーター

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(工学修士)、英国ヨーク大学環境学部博士課程修了(Ph.D.)。1994年より株式会社PCIにおいてコンサルティング技師として政府開発援助プロジェクトに従事。ヨーク大学で博士号取得後、2005年より公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)勤務。主に東アジア地域の持続可能な開発に関する定量的政策分析に従事。専門は環境経済学、環境・開発政策評価。